奴はかつて、常勝軍団ゼットタイガーの監督から

「おまえゴボウみたいだな・・」

と言われたことがある。

体も腕も細いという事だろう。

そんな奴には、数々の伝説がある。


奴は以前、センターを守っていた。

ランナー二塁で、ピッチャーが二塁に牽制球を投げた。

セカンドもショートも取れず、ボールはセンターに・・

当然、捕球すると思いきや、奴はよけた。

ボールは転々と誰もいないセンター後方へ・・

ランナー、楽々ホームイン

結局これが決勝点となり、試合は負け。


奴は以前、ピッチャーもやっていた。

同点のまま延長戦となり、ノーアウト満塁のサドンデス

先攻のウイングは1点も取れず、かなり厳しい状況

その裏、ピッチャーは奴

コントロールに不安があるものの、もう奴の速球に賭けるしかなかった。

そして第一球目

「ドスッ」

「デ、デッドボール。ゲームセット!」

「なしなしなし・・今のなし」←奴

一球で終わりかよ・・


今回紹介したのは、奴の伝説のほんの一部です。

奴の行動は、予測不可能です。

そしてそれが奴(ゴボウと呼ばれた伝説の男)なのです。

               by リトル悟飯








スポンサーサイト