決勝トーナメントの初戦、ベスト4をかけた大事な一戦、始まりました。

子供達、かなり緊張してます。

そんな中ピッチャーのダイキ、ほぼ完璧なピッチングで四回まで1安打の無失点。

方やフレールのエース、中学レベルの速球で幾度のピンチも三振できり抜ける。

一進一退の攻防の中、ゲームは5回に動いた。

フォアボールのランナーを一塁に置いて、フレールの左打者に痛恨の長打を浴びて、1失点。

結局これが決勝点となり、1-0で負けました。


キーマンのヨネは鍵を開けた。

後はみんなで扉を押すだけだ。

だが、ビクともしない。

相手ピッチャー1人に完全に押さえ込まれました。

気が付くとそこには、三振という名の山が築かれていました。


終わりました。

Aチーム小学部公式戦、終了しました。

選手達全員、泣き崩れました。

お前ら、よくやったよ。今日は気が済むまで泣きまくれ・・

091115_1548~02001


そんな中、本日のもうひとつの決勝トーナメントで、Cチームが圧勝し、決勝へ駒を進めました。

Aチームの先輩達が果たせなかった夢を、今、後輩達が叶えようとしてます。

頼もしい限りです。

これでAチームのみんなも安心して卒団できるでしょう。

               by リトルがーん








スポンサーサイト