5月14日(日)城南春季大会 教育部 準決勝

緑地1号面にて、球友ジュニアーズBさんと対戦しました。


3回裏の攻撃の際に一挙5点を得て、押せ押せムードでしたが、なんと、4回表ですぐに追いつかれてしまいました(-_-;)

ここで負けてはいられないぞー‼︎
と、その裏の攻撃で1点を追加しましたが、5回表で同点となってしまい、5回裏の攻撃で点が入らなかったために、ノーアウト満塁からのサドンデスとなりました。

サドンデス1回目は両者3点ずつ得点が入り、決着がつかず、サドンデス2回目に入りました。

ここでエースが本領発揮‼︎
1番〜3番打者に対し、三者凡退⚾️



その裏の攻撃、1点入れば…という絶好のチャンスを得て、フォアボールによる押し出しという形でしたが得点が入り、ゲームセットとなりました。

約2時間という長い試合、選手たちは本当に良く頑張りました。

いろいろとあった準決勝でしたが、勝つことが出来たので、今回対戦した球友ジュニアーズBさんに恥じないような、決勝の舞台での戦いを期待しています!



頑張れ、ウイングBチームの戦士たち‼︎

Aチームをはじめ大勢の皆さま、Bチームを応援いただきありがとうございました‼︎



そして…
球友ジュニアーズBさん、
対戦ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト